×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大友不動産がコッソリ教える、空き室対策で満室経営(マンション)

安定した満室経営を続けて行くために、重要となるのは

@不良入居者対策
A立退問題

が挙げられます。


>>早急に秘密の一部を確認したいオーナーさんはコチラ


ここで、不動産業界の強い要望のもとに空室対策・安定した経営のために2000年定期借家制度が創設されました。
この制度を利用して大きくなっていったのが、「賃貸のレオパレス21」です。正式名称は「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法」であり。

従来の普通借家制度との変更点として※普通借家制度は賃貸借契約を締結すると契約期間が満了したとしても、契約解除について正当事由がなければ法定更新されるのに対し、定期借屋契約は契約期間満了と同時に「当然に契約は終了します。」

これに対して、どのように定期借屋契約と普通借屋契約を区別しているかというと
1 書面による契約書の作成
2 貸主の方は借家人に定期借家である旨の説明義務及び定期借家契約である旨の書面を交付しなければならない。
3 契約期間が一年以上の場合、貸主は定期借屋契約満了1年前から6ヶ月前まえの間に借主に対して契約終了の通知をしなければなりません。

「空室対策・安定した満室経営」を目指すためにも、このような制度を利用したくとも条文上・解釈上わかりにくいところも多くあるのも事実です。

このような方のための「空室対策・安定した満室経営」を目指すための講座等も存在します。

賃貸経営コンサルティング技能士の大友哲哉氏がセミナーや講座DVDを出されているので、空室対策・安定した満室経営の特徴を知るために大家さんや地主さんはのぞいてみてはいかがでしょうか?

大友哲哉氏の公式HP内には、そのDVDの一部と満室経営の秘密が一部 無料公開されています。。まずは、公式HPで内容をご確認してください!





Copyright © 2009 空き室対策で満室経営

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。